MENU

腎臓に悪い食べ物とは?お茶で調整できるかも

腎臓に悪いことについて

 

全身の健康を保つ上で、とても重要な役割を担っている
腎臓の健康を保つためには、毎日の習慣に注意が必要です。

 

特に、体に取り入れる食べ物や飲み物は、
体に大きな影響を与えます。

 

まず腎臓に悪い食べ物を避ける必要がありますが、
具体的にどのようなものは、
腎臓に悪い食べ物と言えるのでしょうか?

 

また、腎臓に悪い食べ物をついつい食べてしまったという場合に、
腎臓に良いお茶を摂取すると、
少しでもコントロールできるかもしれません。

 

どのようなお茶を、積極的に摂取すると良いのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

腎臓に悪い食べ物を避けたいという方、飲み物から
気軽に腎臓の健康維持を始めたいという方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

腎臓に悪い食べ物とは?

 

腎臓に悪いことについて

 

塩分が多い

 

塩分が多く含まれる食べ物は、塩分を
体外に排出する働きを持っている腎臓に負担をかけます。

 

日本人は、ついつい塩分を多く摂りがちと言われていますが、
濃い味付けのものは腎臓に悪い食べ物と言えるので要注意です。

 

甘いもの

 

多く摂取しすぎた糖分を体内に蓄えておける形に処理するのも、
腎臓の役割です。

 

甘いものがやめられないという方は少なくありませんし、
適量であれば問題ありませんが、大量に摂取しすぎると
腎臓に悪い食べ物となってしまうので、注意が必要
でしょう。

 

腎臓に良いお茶とは?

 

腎臓に悪いことについて

 

ついつい腎臓に悪い食べ物を多く摂取してしまったという場合に
積極的に摂取したいお茶には、
どのようなものがあるのでしょうか?

 

利尿作用があるお茶

 

利尿作用があるお茶を飲むことで、塩分や水分を
再吸収する回数が減り、尿の量が増えるため、
腎臓の負担を軽減することができます。

 

カリウムを多く含むコーヒーなどは、
腎臓に負担がかかると言われていますが、
腎臓が健康な時には、特に問題ありません。

 

飲み過ぎには注意が必要ですが、コーヒーや、はと麦茶、
なた豆茶などのお茶は、利尿作用があり、健康効果も高いため、
意識して飲むことができます。

 

まとめ

 

腎臓に悪いことについて

 

腎臓の負担を減らすために、
利尿作用のあるお茶を飲むことは大切です。

 

腎臓に悪いものを食べ過ぎてしまったという時に、
調整のために利尿作用の高いお茶を摂取し、
調節するということには効果があります。

 

しかし、それらを飲んだからといって、腎臓に悪い食べ物を
好きに食べて良いというわけではありませんので、
バランスを意識しましょう。

 

 

腎臓に良いサプリ ランキング