MENU

腎臓に良い食事はどんなもの?食生活の見直しから始めよう!

腎臓の機能低下の予防だけではなく、全身の
健康を維持するためには、栄養バランスの
良い食生活が必要不可欠になっています。

 

腎臓に良いサプリ 画像

肉や魚だけではなく野菜もしっかり食べる事、

薄味の味付けを心がける事などは、子供の頃から
親に口うるさく言われていた人も多い事でしょう。

 

腎臓の機能低下を防ぐ食事も、基本的には
それら「一般的にバランスが良いと言われている食事」で
問題はありませんが、腎臓に重点を置いた
食生活のポイントも幾つかあります。

 

ここでは、腎臓に良い食事とはどのようなものか、
是非覚えておきたい5つのポイントをご紹介しています。

 

 

腎臓に良い食事・食材のポイント

 

たんぱく質の摂り過ぎに気を付ける

腎臓に良いサプリ 画像

 

健康的な体作りの為には必要であるたんぱく質
ですが、消化器官への負担が大きく老廃物も多いので
たんぱく質の摂り過ぎは腎臓に負担がかかりやすくなります。

 

腎機能が低下してクレアチニン数値が高くなっている場合は
たんぱく質を摂り過ぎないよう気を付けるようにしましょう。

 

摂取の目安量はその疾患の程度によって異なるので
摂取量については医師に相談するようにして下さい。

 

特に、たんぱく質の制限をしてはいけない低タンパク血症
などの病気も存在するため、自己判断ではなく医師の指示に
従い自分に適した量を意識するようにしましょう。

 

 

エネルギー減となる糖質をしっかり摂る

健康食と言うと糖分や脂質は控えるべきと言う
イメージですが、腎機能への負担を考える
場合には一概にはそうとは言えません。

 

体内にエネルギー源となる栄養が不足すると
筋肉中のたんぱく質がエネルギーに使われてしまい、
血液中の老廃物が増えてしまう事になるので
エネルギー源は十分摂る必要があります

 

腎機能に不安がある場合には、腎臓への負担の大きい
たんぱく質を控えめにしその分の替わりのエネルギー源と
して糖質を増やすように意識すると良いとされています。

 

 

塩分の過剰摂取を避ける

塩分の消化には、腎臓に大きな負担がかかる
ものなので腎機能が低下している場合
には塩分を控える事が大切です。

 

塩分の摂り過ぎは高血圧などの様々な症状の
原因にもなるため塩分の摂取量が1日あたり
6g以下になるように心がけましょう。

 

塩味だけではなく醤油やソースにも塩分は多く
含まれているので味の濃い食事を避け、味が
薄いと感じる場合にはレモンや酢、しょうがや
ワサビなどの香辛料で味を工夫するのもオススメです。

 

 

リンやカリウムの過剰摂取を避ける

腎臓に良いサプリ 画像

 

リンやカリウムは健康の為には重要な働きを持つ
栄養素ですが、腎臓の機能が低下している場合は
過剰摂取に気を付けなければいけない成分です。

 

腎機能が低下するとリンやカリウムの排出がスムーズに
行えずに血液中に留まり、それが不整脈や動脈硬化などの
血管の疾患に繋がる可能性があると言われているためです。

 

 

腎臓に良い栄養素を十分に摂る

基本的な食生活の心がけは有効ですが、腎臓の
働きを促すために腎臓に良い栄養素が含まれている
漢方やサプリメントを取り入れる事もオススメです。

 

腎臓の機能を高めてクレアチニンの数値を下げる
栄養素としてはDHAやEPA、葉酸、アンセリン、
キャッツクロー、オルニチンなどが挙げられます。

 

また、漢方では猪苓湯や五苓散などに老廃物や
尿の排出を促す作用があると言われています。