MENU

覚えておきたい!クレアチニンの数値を下げる3つの方法

腎臓に良いサプリ 画像クレアチニンの数値が上がり腎機能が低下すると

様々な病気のリスクにつながってしまいます。

 

その数値によっては医師による治療が必要に
なりますが、それと並行して自分でも腎機能の
回復の為に出来る事がいくつかあります。

 

そのポイントは3つ。

 

  • 食生活
  • 禁煙・節酒
  • 適度な運動

 

これら3つは基本的な健康習慣とも一致するものですが、
腎臓の健康のためにも大変重要なポイントになっています。

 

ここでは、この3つのポイントについて詳しく見ていきましょう。

 

 

クレアチニン数値を下げる方法

 

栄養バランスの取れた食生活

腎臓に良いサプリ 画像

 

クレアチニン数値を下げる為にまず気を付けたい
重要なポイントが、この栄養バランスの取れた食事です。

 

食事は全ての健康の基本となるものですが、
腎機能の為には特に塩分とタンパク質の
摂り過ぎに注意
が必要になってきます。

 

塩分を摂り過ぎると腎臓にかかる負担が大きく、
むくみや血圧上昇の原因になります。

 

また、タンパク質の摂り過ぎも腎臓に負担がかかる
ので食べ過ぎないよう適量で摂取する事が大切です。

 

ただ、腎臓に負担の少ないバランスの良い
食事を心がける事は大切ですが、クレアチニン数値を
下げるためには腎臓機能回復や腎臓の働きを
サポートする栄養を摂る事も有効です。

 

青魚由来のDHAやEPA、ハーブの一種である
キャッツクロー、アミノ酸の結合体であるペプチド、
更に葉酸やクエン酸などの成分は腎臓の働きを
助けると言われていますが、普段の食事からは
なかなか十分な量を摂りにくいものです。

 

そのため、それらの成分を手軽に摂る事が出来る
腎臓に良いサプリの活用もおすすめです。

 

 

禁煙・節酒

腎臓に良いサプリ 画像

 

健康に害を及ぼすタバコやアルコールは、腎臓機能が
低下している場合には当然控えた方が良いものです。

 

タバコは心臓や肺にダメージを与える事が有名ですが、
慢性の腎臓病の原因ともなるのでクレアチニン数値が
不安な場合は禁煙を心がけるようにしましょう。

 

また、アルコールは適量であれば体に大きな害には
なりにくいものですが、飲み過ぎはやはり腎臓への
負担が大きく腎炎や腎不全のリスクになってしまいます。

 

1日あたりの適切なアルコールの量は、
ビールだと500mlの缶1本、日本酒だと1合(180ml)、
焼酎では0.6合(110ml)程度です。

 

毎日晩酌をする人はこの適量を超えてしまっている
人も多いので、完全な禁酒とまではいかなくとも
飲酒の量を控えめにして腎臓への負担を
減らすようにしましょう。

 

 

運動

腎臓に良いサプリ 画像

 

腎機能の低下だけではなく、メタボや生活習慣病など
様々な症状の改善や予防に効果的なのが適度な運動です。

 

ウォーキングなどの軽く汗をかく程度の
運動を生活の中に取り入れてみましょう。

 

一口に「運動」とは言っても、激しすぎる運動は
筋肉内でクレアチニンの発生を促進する事もあるので、
きつい運動よりも軽めの運動を選ぶ事がおすすめです。

 

運動量の目安としては「週に150分程度が理想」と
されていますが自分の生活の中で無理なく
出来る範囲から始めてみると良いでしょう。