MENU

健康診断の項目にある「クレアチニン」とは?

腎臓に良いサプリ 画像健康診断や人間ドックを受けると、その

結果の中に「CRN」や「Cr」と表記されている
クレアチニン」という数値があります。

 

普段はあまり耳にする事の無い言葉ですが、
このクレアチニンの数値というのは腎臓のろ過
機能の状態が正常かどうかを調べる事が出来ます。

 

ここでは、腎臓の健康の為には必ず知っておきたい
クレアチニンについて、詳しく解説していきましょう。

 

 

クレアチニンとは?

クレアチニンとは体内の老廃物の一種の事を言い、
人が筋肉を動かす時に使う「クレアチンリン酸」が
エネルギーを使用した後に作りだされる物質です。

 

これが血液の中に溶けて腎臓へ運ばれ、腎臓でろ過される
事で尿として体外へ排出される仕組みになっています。

 

ところがこの腎臓が正常に機能していないと
しっかりろ過が出来ずに尿や血液にクレアチニンが
残ってしまうので検査で高い数値が出てしまいます。

 

そのためこのクレアチニンの数値を調べる事で
腎機能の働きをチェックする事が出来るのです。

 

 

クレアチニンの基準値は?

腎臓に良いサプリ 画像

 

筋肉の中に多く存在するクレアチニンは、
その基準値が筋肉量によって異なります。

 

男性と女性では、一般的に筋肉量の多い男性の方が
クレアチニンの平均値は高くなると考えられています。

 

一方、女性だけではなく高齢者も筋肉量は少なくなる
のでクレアチニンの平均値は低いとされています。

 

クレアチニンの基準値は以下のようになっています。

 

尿中のクレアチニン基準値

男性…20〜26mg/kg/日
女性…14〜22r/kg/日

 

血液中のクレアチニン基準値

男性…0.6〜1.1r/dl
女性…0.4〜0.7mg/dl

 

この基準値から外れると腎機能が低下していると
考えられ、その数値によっては腎臓病や腎不全
などの病気が疑われることになります。

 

 

クレアチニンの数値から分かる事は?

腎臓に良いサプリ 画像

 

健康診断でクレアチニンの結果が基準値から外れて
いる場合には、色々な健康リスクが考えられます。

 

基準値から高くなっている場合は腎臓の機能低下に
より腎不全や腎炎などが考えられます。

 

また、脱水症状により尿や血液が濃くなっている
場合もクレアチニンの数値が上がるので脱水
状態を疑われることもあります。

 

一方、クレアチニン数値が正常よりも低い場合は
筋肉の代謝に異常がある可能性があります。

 

糖尿病の初期症状や、寝たきりの生活で
筋肉を動かすことが少ない方、妊娠中の場合
にもクレアチニンの数値が低くなりますが、
それ以外の場合でクレアチニン数値が低い時
には、筋ジストロフィーなどの病気が疑われます。

 

クレアチニンの数値は、私達の体にとって
とても大切な情報を与えてくれています。

 

特に腎臓は不調をきたしていても自覚症状がなかなか出ない
のでこういった健康診断の結果が病気の早期発見の要です。

 

あまり耳なじみのない言葉だからと言って
軽視せずに健康診断の結果は注意深く見て、数値が
良くない場合は生活習慣の改善や医師への相談
しっかりと健康を守っていきましょう。