MENU

コーヒーは、腎臓に悪い飲み物って本当なの?

腎臓に悪いことについて

 

腎臓の健康を保つためには、
十分な量の水分を体に取り入れる必要があります。

 

しかし、どのような成分でも良いというわけではなく、
もちろん腎臓に悪い飲み物も存在するんです。

 

腎臓に悪い飲み物と言われているものの中で、
代表的なものはコーヒーです。

 

コーヒーは、本当に腎臓に悪い飲み物と言えるのでしょうか?

 

今回この記事では、コーヒーと腎臓の機能との関係について、
調べてまとめてみました。

 

コーヒーは腎臓に悪い飲み物?

 

腎臓に悪いことについて

 

必ずしも悪いわけではない

 

コーヒーには利尿作用がある

 

皆さんよくご存知のこととして、
コーヒーには利尿作用がありますよね。

 

コーヒーを飲みすぎると、お手洗いが
近くなると言われていますが、熱中症対策として、
コーヒーの飲み過ぎは避けるようにとも言われています。

 

なぜでしょうか?

 

コーヒーの利尿作用によって、
体内の水分が体の外へ出過ぎてしまうからです。

 

腎臓は血液をろ過する働きをしていますが、
体の中に十分な量の水分がないと、血液がドロドロになり、
ろ過の役割をしている腎臓に大きな負担がかかるんです。

 

コーヒーを過剰摂取すると、その強い利尿作用により、
水分不足が起きる可能性があるため、
腎臓に悪い飲み物と言われているんです。

 

しかし、適量であれば、コーヒーはガン予防など
健康にも良いとされており、水分不足に陥るほどの利尿作用を
持たないため、飲みすぎなければ基本的には問題ありません。

 

腎機能が低下しているときには要注意

 

コーヒーには、利尿作用を持つカフェインだけではなく、
カリウムという成分を多く含まれています。

 

カリウムが多く含まれているコーヒーを飲むと、通常は
腎臓がカリウムを排出してくれますが、腎臓の機能が
既に低下している場合には、うまく処理することができません。

 

カリウムが体内に多くありすぎると、
高カリウム血症という病気になり、
不整脈など命に関わる危険があるんです。

 

通常は、コーヒーは特別、
腎臓に悪い飲み物というわけではありませんが、
機能が低下している場合には、腎臓に悪い飲み物と言えるんです。

 

まとめ

 

腎臓に悪いことについて

 

コーヒーは、腎臓に悪い飲み物というイメージを
持っている方は少なくありません。

 

確かにコーヒーを飲み過ぎると、体内の水分不足を招き、
腎臓に負担をかけてしまう場合があります。

 

また、腎臓の機能が既に低下している場合には、
高カリウム血症など重大な病気につながりかねないため
注意が必要です。

 

しかし、コーヒーには健康効果もありますので、
飲みすぎに注意して、適量を摂取しましょう。

 

 

腎臓に良いサプリ ランキング