MENU

腎臓に悪い飲み物とは?食べ物以外にも要注意!

腎臓に悪いことについて

 

たとえ目立たなくても、全身の健康を保つ上で
重要な働きをしてくれている腎臓の健康を保つには、
毎日体に取り入れるもの意識する必要があります。

 

実は食べ物だけではなく、飲み物のなかにも、
避けた方が良いものがあるんです。

 

では、具体的に腎臓に悪い飲み物とは、
どのようなものなのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

既に腎臓に悪い食べ物は避けているという方は、
ぜひ参考にしてみてください。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

腎臓に悪い飲み物とは?

 

アルコール

 

腎臓に悪いことについて

 

付き合いで、毎日飲み会が続いている。
1日の終わりのお酒がやめられない!など、
アルコールを毎日摂取してしまっている方は少なくありません。

 

アルコールが悪影響を与える臓器と言うと、
肝臓をまず第一に思い浮かべる方がほとんどです。

 

しかし、実は、アルコールは腎臓に悪い飲み物と言えるんです。

 

お酒を飲むと血液の中に、尿酸と言われる
粘着質を持った物質が混ざることになります。

 

粘着質を持った物質が血液に混ぜるということは、
血液がサラサラの状態から、
ドロドロの状態になるということです。

 

腎臓は、血液をろ過する役割を持っています。

 

サラサラの血液とドロドロの血液、どちらの方が
負担をかけずにろ過できるか?ということは、
簡単に想像がつきますよね。

 

アルコールを飲んだことにより、尿酸が多く含まれた
ドロドロとした血液をろ過するには、
腎臓に大きな負担がかかります。

 

適量のアルコールは、健康にも良いとされていますが、
毎日過剰に摂取すると、このようにドロドロ血液の原因となり、
腎臓に悪い飲み物となってしまうんです。

 

腎臓に悪い飲み物とは、
血液をドロドロにしてしまう飲み物のことです。

 

ミネラルウォーター

 

腎臓に悪いことについて

 

ミネラルウォーターは、不足しがちなミネラルを補うのに
効果的な飲み物ですが、摂取する水を
全てミネラルウォーターにしてしまうと、
腎臓に悪い飲み物となってしまいます。

 

腎臓の働きを高めるためには十分な水分を
摂取する必要がありますが、腎臓はミネラルを
処理しなければならなくなるため、全てを
ミネラルウォーターに変えると腎臓に負担がかかるんです。

 

まとめ

 

腎臓に悪いことについて

 

腎臓に悪い飲み物とは、全く飲んではいけないものではなく、
過剰に摂取することによって
腎臓に負担をかけてしまう飲み物といえます。

 

腎臓に悪い飲み物とは何かを知り、正しい量を摂取しましょう。

 

 

腎臓に良いサプリ ランキング