MENU

腎臓に悪い食べ物って何?ランキング形式でご紹介

腎臓に悪いことについて

 

腎臓の健康を保つためには、腎臓に悪い食べ物を避け、
負担をかけないことが必要です。

 

しかし、腎臓に悪い食べ物とは、
具体的にどのようなものなのでしょうか?

 

今回この記事では、意外と知らない方が多い
腎臓に悪い食べ物リストの中から、特に注意したいものを、
ランキング形式でご紹介しています。

 

尿の色が濃いことが気になっているという方、
腎臓の機能が少し低下していると言われた方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

腎臓に悪い食べ物ランキング

 

ランキング3位 洋菓子

 

腎臓に悪いことについて

 

バターやクリームがたっぷり使われている
甘くて美味しい洋菓子は、実は腎臓に悪い食べ物といえます。

 

腎臓は、食べ物から摂取したい糖と脂肪を、
体の中に蓄えておける形に変化させる役割も担っています。

 

洋菓子はボリューム がなくても、バターやクリームなど、
動物性脂肪が多く含まれていたり、小麦粉などから
糖質も体内に入ってくるため腎臓に負担をかけてしまうんです。

 

もちろん糖や脂肪は体に必要なものですが、洋菓子は
少量でも多くの脂肪と糖が含まれているため、
そのような成分の過剰摂取を招きます。

 

もちろん和菓子にも脂肪や糖が含まれているのですが
満腹感を感じにくく、ついつい食べすぎてしまいがちな洋菓子は、
特に腎臓に悪い食べ物と言えるため、ランキング3位です。

 

ランキング2位 肉の脂身

 

腎臓に悪いことについて

 

特に男性は、肉の脂身が好きという方が多いようです。

 

動物性の脂肪は植物性のものと比べても、
中性脂肪となりやすいと言われています。

 

動物性脂肪を処理するのも、腎臓の働きの1つです。

 

動物性脂肪の過剰摂取は肥満を招きますが、
肥満と腎臓の機能には、深い関わりがある
んです。

 

脂身が多く含まれるお肉は、中性脂肪になりやすく、
食卓にのぼることも多いため、要注意です。

 

ランキング1位 塩分濃いめの食べ物

 

腎臓に悪いことについて

 

ランキング1位は、特定の食材というわけではありませんが、
塩分が濃い食べ物です。

 

塩分が濃いものは、腎臓に大きな負担をかけ、
腎臓に悪い食べ物と言えるんです。

 

日本人は、特に塩分を多く摂取しがちと言われています。

 

体液のバランスの維持や血圧のコントロールを担っている腎臓は、
過剰に摂取してしまった塩分を体外に排出しようとし、
忙しくなります。

 

それで、腎臓への負担がかかるため、
腎臓に悪い食べ物とされているんです。

 

塩分濃いめの食べ物は日本人にとって身近であり、
ついつい多く摂取してしまいがち
なので、
注意したい食べ物ランキング1位です。

 

 

腎臓に良いサプリ ランキング