MENU

腎臓に悪いものにはどんなものが含まれる?

腎臓に悪いことについて

 

腎臓病を予防するには、腎臓に悪いものを避け、
腎臓を健康に保つような生活習慣が必要
です。

 

どのようなものが腎臓に悪いものなのか?を知るためには、
まず腎臓がどのような臓器で、
どのような働きをしてくれているのか?ということを
知っておく必要がありますが、
具体的に、腎臓に悪いものとはどのようなものなのでしょうか?

 

今回この記事では、腎臓に悪い習慣などについて、
調べてまとめてみました。

 

腎臓に悪いものを避け、腎臓の機能を向上させたい!
と思っている方は、是非参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

なぜ腎臓を大切にすべき?

 

腎臓に悪いことについて

 

腎臓は、一度機能が低下すると、もとには戻りません。

 

ですから、腎臓は病気になってから治療するのではなく、
普段から腎臓に悪いものを避けるようにし、
病気を予防することが最も重要なんです。

 

では、具体的にどのようなものが腎臓に悪いものなのでしょうか?

 

腎臓に悪いもの

 

腎臓に悪いことについて

 

炭酸ドリンク・ソフトドリンクの飲みすぎ

 

最近は、コンビニやスーパーなど、どこでも
炭酸のドリンクやソフトドリンクが手に入ります。

 

ついつい飲みすぎてしまうこともあるこのような飲み物を
たくさん飲む習慣は、実は腎臓に悪いものなんです。

 

ある研究によると、そのようなものを多く飲む習慣がある人は、
そうでない人と比べ、尿蛋白という腎臓の機能が
低下し始めている初期症状を示すことが多いということが
明らかになっています。

 

腎臓の機能が低下することにより起こる病気へと繋がりかねない、
良くない習慣と言えます。

 

少し飲んだからといって、すぐに腎臓に悪いもの!
というわけではありませんが、頻度や量には注意が必要です。

 

運動不足

 

腎臓の機能の低下とメタボリックシンドロームには、
深い関係があるとされています。

 

さらに、糖尿病なども、同時発症しやすい病気だと
言われていますので、定期的な運動により、
肥満を予防することが必要
です。

 

運動する時間がないという場合でも、階段を使ったり、
一駅歩くなどの工夫をすることで、
腎臓に悪いそのような習慣を避けることができます。

 

水分不足

 

暑い夏の時期には、熱中症予防のため水分補給が喚起されますが、
年間を通して水分不足は腎臓に悪いものです。

 

腎臓は、体の中をろ過する大切な臓器ですが、
ろ過するためには体液が必要です。

 

その体液のもととなっているのは、摂取する水分なのです。

 

それで、腎臓の機能低下させないためには、
十分な水分量を摂取することが大切です。

 

尿の色が濃い場合には、水分不足の可能性があるため、
意識的な水分補給を心がけましょう。

 

腎臓に良いサプリ ランキング